ひろが語ると長くなる

本の感想書くために作ったはずのブログなのに割とながーく独り言呟いています。ストピや演奏の解説も当ブログで行ってます。

広告

もうすぐ17才【ピアノソロサウンドオブミュージック】

YouTubeチャンネルにあげている、「ピアノソロサウンド・オブ・ミュージック」の演奏シリーズ。
www.youtube.com
演奏解説も5曲目です。
著作権侵害の申し立てが出れば、ピアノの樹で検証記事もあげておりますのでご参照ください。)

今回の曲は「もうすぐ17才」
2003年にさんとりーのラテラテという商品のCMにも使われていたことのある曲なので、そちらのイメージが強い方も多いかもしれませんね。

もうすぐ17才を弾いてみた【ピアノソロサウンドオブミュージック】

今回は何をどう頑張っても手の動きが音より速くなるという珍現象が起きてしまったため、
無理矢理つぎはぎする羽目になってしまいました…。

最初はしっとりめ。
0:40からCMでも使われていたお馴染みのメロディが出てきます。
ピアノだけで弾くと、私のテンポが少し速目だったこともあり活発的になっていますが、
映画では伸びる言葉が多いからゆったり聴こえますね。
まぁリールズとロルフがいい感じのシーンだから、せかせかはしないと思いますが。
1:06から少しだけ雰囲気が変わりますが、1:18でまたお馴染みメロディに戻ります。
そして1:44から0:40と同じ部分に戻り、一通り繰り返して終わります。
1回目と2回目で雰囲気変える演奏もいいかもしれませんね。

☆使用楽譜☆


赤羽ストリートピアノの思い出

9月26日と27日にララガーデン赤羽にて赤羽ストリートピアノ(通称ララピ)が開催されました。
2019年の6月と12月に続き、3回目です。
イベント開催の規模等が大分緩和してきたとはいえ、
新型コロナウイルスの影響により、イベント開催にはかなりの配慮が必要。
ストリートピアノ(以下ストピ)も復活してきましたが、まだまだ制約が多いのが現状。
辛うじてミューザ川崎にあるストピは連弾が可能なようですが、
他のストピはソロ演奏のみというルールが多いですね。

そんな中、ララピは、連弾どころかセッションも歌も、乱入もOK!
(何故乱入までできたかといえば、整理券方式だったため、
演奏待ちの列を作る必要がなかったからかと思います。)
かなり自由度の高いストピでした。
それも主催の皆様の配慮や管理のお陰です。
本当にありがとうございました。

私も他の方の演奏に乱入もしてきましたが、皆さん快く受け入れてくれて嬉しかったです。
セッション動画も撮りました。
(というか、ストピでソロ演奏しなかったの初!)

2曲やり、旅立ちの日にを本日動画公開しました。

【赤羽ストリートピアノ】旅立ちの日に大セッション!【360度動画あり】

私が合唱用の伴奏を弾き、皆さんが合わせてくれるスタイルでした。
皆さんのお陰で優しく温かいララピの雰囲気が伝わる演奏となりました。
ピアニカ、フルート、トライアングル、タンバリン、途中までカホン
こんなに沢山の楽器の音がストピで入るなんて感激!
普通ならセッションの参加って自分で楽器を持ってこないとできなかったりするのですが、
ララピはカホン、タンバリン、カスタネットの用意があったので、
その場で気軽に参加可能なのも良かったです。
また、ふみおさんが持ってきていた360°カメラの映像もあり、
違った目線でストピを観ることもできました。
ララガーデンってアーケードめっちゃ高い!

★メンバー★
鍵ハモ:ふみおさん
鍵ハモ&Pf:きえちゃん
Fl:とぅきくん
Tri:トントンさん
Tamb:シェルパさん
Cajon:りょーちゃん
撮影:keikoさん、なかぴさん、新潟米さん
でした!
伴奏楽しく演奏できたのも皆様のお陰です!ありがとうございました(*´꒳`*)

同じ主催の方が寺ピアノの常設化に動いていますが、
またララピもやってくれたら嬉しいなぁ。
というか、次のララピ開催の頃は、もうコロナの影響なく
昔のストピのような気軽に演奏ができる世の中になるといいな。

追記:翼をくださいもセッションしました。

【赤羽ストリートピアノ】商店街で翼をくださいをセッションしてみた

1番→Vn:りょーちゃん
2番→Pf:きえちゃん&Tri:トントンさん
同じ曲でも楽器によって全然雰囲気違いますよね。
私の伴奏がもっと上手なら…と悔やまれますが、
皆さんのお陰でどちらの演奏も楽しくできました!
ありがとうございました(*´꒳`*)

★8月開催、寺ピアノ学生若手配信会の記事はこちら★
hirobook.hatenablog.jp

自信をもって【ピアノソロサウンドオブミュージック】

YouTubeチャンネルにあげている、「ピアノソロサウンド・オブ・ミュージック」の演奏シリーズ。
www.youtube.com
演奏解説も4曲目です。
著作権侵害の申し立てが出れば、ピアノの樹で検証記事もあげておりますのでご参照ください。)

今回は「自信をもって」です。
マリアがトラップ家へ向かう道中の心情の揺れが表現されています。
そのため、テンポもコロコロ変われば転調も多い。
物凄い不安なのでしょうね。
最後勢いよく終わるところがマリアらしいです。

「自信をもって」弾いてみた【ピアノソロサウンドオブミュージック】

最初は静かに。
0:25から気持ちが揺れ始めます。
とはいえ、それでもまだ穏やかな方ですね。
0:34からまたゆっくりと思いきや0:40でまた速くなり調が変わる。
0:51からまたゆっくり0;55から速く戻りますが、音が少ないので
速くなったと感じるのは1:03から。
1:12にまたゆっくり。
1:18からまた速くなり、切り替わる前に一瞬ためて1:31から更に速くなります。
でも明るい雰囲気があるので可愛らしさは感じますよね。
2:06に転調し、雰囲気が変わりますがまだまだ突っ走ります。
2:29にまた転調。2:36ゆったりします。
ゆったりおわるかと思いきや2:49に速くなり、勢いよく終わります。
(映画ではトラップ家のブザーを押して終わる)

3分程の曲でこんなに揺れたり転調したりって凄いですね。
でも揺れ動く心情を音で表現するとこういう雰囲気になるんだなぁと勉強になりました。
せかせかだったり焦りを感じさせるような演奏にならないよう、滑らないように気をつけたいところです。

☆使用楽譜☆