ひろが語ると長くなる

本の感想書くために作ったはずのブログなのに割とながーく独り言呟いています。ストピや演奏の解説も当ブログで行ってます。

広告

今年の24時間テレビのゆづのスケート

昨日24時間テレビで羽生結弦選手(以下ゆづ)がDOI以来1ヶ月半ぶりくらいにスケートを披露してくれました。
録画だったけど、一発撮りだろうなと思うくらい、アイスショーとしては質が高すぎるスケートでした。
(ゆづとしては通常運転だけども)
この日のために衣装まで用意してくれ、想いを込めて披露してくれたスケート。
演目は何がくるのかなと思っていたら、意外でした。
2曲も滑るのも含めて。

1曲め、ホワイトレジェンド。
元々は2010−11seasonのSPで滑っていたプログラムでした。
そして震災後初出演のアイスショー、ニースワールドでのEx、ソチのExと10代のゆづの節目に登場したプログラムです。
白鳥の湖を川井郁子さんがアレンジした切なさと強さの両方を感じるプログラム。
最後のジャンプの後のつなぎの振り付けが凄く好きです。
今回はわざわざ振り付け等を変えてきて、演じてくれました。
当時は組み込まなかった4Tまで入れて。
ゆづは高難度構成をさらっとやってのけてしまうけども、細かく解説してくれる方の呟きなどをみると凄く詰まってる濃密なプログラムだと毎回たまげます。
昔は鶴っぽかったのになぁ。
すっかり白鳥さん。しかも大人な洗練された白鳥さん。
ツイッターで311の日に先輩がうずくまってゆづを守ってくれていた場所から滑り始めたと聞いてまた泣きそうになりました。

2曲め、花になれ。
指田郁也さん(以下さっしー)の曲。
流石にこの曲は意外でした。意外だったけど嬉しかった。
歌詞が凄くメッセージ性があって、今の世にも通ずるもの。
ゆづが口ずさみながら滑る姿が美しすぎて、気づいたら泣いてました。
こんなに泣いたの初かもしれないってくらい泣いた。
細かいこと何も語れないくらいずっと泣いてた。
まだ2回めを見る気持ちになれないくらい心の奥底に凄く入ってくるスケートだった。
長らく1人で練習しているゆづ。
大変なことの方が多いと思うけどこの歌詞に支えられてたのかなぁ、なんて。
(ゆづは辛くても大変でもあまりそのことを語らないから)
さっしーのPVも素敵なので多くの方に見て欲しいです。

www.youtube.com

www.youtube.com

どちらも久々に滑って欲しいなと思っていたプログラムだったので、ゆづ滑ってくれてありがとうー!
ちなみに私も両方ピアノで弾いたことのある曲です。

www.youtube.com
ホワイトレジェンドの方が優しいかな。
ゆづの演技を想像して弾くとピアノソロでもとても雰囲気が出せます。
別の演奏ですが、演奏解説した記事もありますので良かったら見て頂けると励みになります。
hirobook.hatenablog.jp


www.youtube.com
花になれ。
AメロBメロは優しく弾きますが、サビの部分はどうしても力強くなります。
さっしーの歌を思い出しながら、辛いことも悲しことも丸っと包み込んで前に進もうという気持ちとなる曲。

どちらも「羽生結弦の軌跡 フォト&ピアノスコア」に収録されている曲です。
あの楽譜集凄く良かったから第2弾を期待しちゃうのだけど、ぷりんと楽譜で最近のプログラムの楽譜発売されないから(春よ来いも短期間で発売終了してたし)もう無理なのかな。
著作権などの絡みであんまり利益出ないのかしら。
推しの曲弾きたくなる夢を沢山叶えてくれた楽譜集ではあるから、凄く感謝はしてる。

改めて、ゆづ本当にありがとう。
貴方の推しを続けられて幸せです。
クリーンな4Aを世界で初めて決めてくれるところを観られるその日を楽しみに待っています。
私も私の道で頑張るよー!

※以下アフィリエイトです。ご注意ください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羽生結弦の軌跡 フォト&ピアノスコア
価格:2750円(税込、送料無料) (2021/8/23時点)


縁結びの神様に呼ばれたあの日

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

このお題を見ると、2年前の7月14日を思い出します。

あの日川越氷川神社の風鈴祭りやお守りに惹かれて、ついでにヤオコー川越美術館の美術館ピアノを弾いて帰ろうと思い、出掛けました。
雨の日でした。
f:id:HiroPiano:20210805113525j:plain
でも神社には沢山の人が来ていて、賑わっていました。
風鈴見られてお守りも買えて満足。
ピアノはおまけ程度の気持ちでいました。
f:id:HiroPiano:20210805113544j:plain
美術館ピアノは月1回の開催。
今は予約制だそうですが、当時はフラッと来て弾く人がいなければ何回も弾けるシステムでした。
この日は凄く空いていて、私が1時間くらい居て弾き手が私ともう一人の女性(以下彼女)のみ。
帰りがけにスタッフさんとお話したところ、いつもくる何人かいる常連さんが全て欠席とのことでした。

彼女は楽しそうに過ごしていて、オシャレで素敵な人だなぁと思って観ていました。
演奏もクラシックを2曲弾いてたから音大卒かなぁなんて思っていたり。
「もう弾かないですか?」くらいの声かけはしたのだけど、彼女は他の方と来ていたこともあり私から話しかけることはなかったですが、声かければよかったなぁって帰り道思っていました。
その後なんと彼女から私のYouTubeチャンネルを見つけてくれ、ネット上では繋がることは出来たけど、なかなか会えなくて。
会いたいという一言が出なくて。

彼女にまた会いたくてストリートピアノに行くうちに、都庁名物のせっちゃんも含め沢山の人と出会うことができました。
だから彼女が沢山の縁を連れてきてくれたのだと凄く感謝していたけど、でも肝心の彼女にはなかなか会えず。
私は午前中に都庁にいて彼女は午後というニアミスの日もありました。
そんなこんなしてるうちにコロナ禍となり、ますます会いにくくなって、もう会えないかな、縁が切れちゃったかななんて思ってたけど、
別の形の縁が上手く重なり、昨年9月の湘南台駅で実施したストリートピアノで再会しました。
久々に再会した彼女は美術館で会った時と同じ、キラキラで楽しそうな雰囲気でいてくれて、私も沢山の元気を貰うことが出来ました。
会えて嬉しかったなぁ。この時私がストリートピアノに通っていた1番の目的がまた彼女に会うことだったんだなぁと実感しました。

縁が切れたように見えても、繋がることもあるのですね。
勿論どんなに縁があって欲しいと思ってもない人もいれば、繋いでおきたいと思っていても自分にも相手に誠実にいない限りは切れることもあるのだけど。

連絡先も交換できたので、今ならストリートピアノに限らず会いたいときに会いたい場所で会える状態となっています。
彼女のお陰で縁が深まった人もいますし、ピアノをより頑張るきっかけの1つともなっていて、今自分の人生を直向きに進めているのは彼女のおかげ。
1つの出会いで私の人生は自分らしく生きる方向へ大きく舵を取り直せたのがあの日だったんだなぁと凄く思います。

縁結びって恋愛ばかりかと思っていたけど、実はこんなに近くに素敵な縁があったんだ、あの日川越氷川神社に呼ばれて素直に行動したことで人生がこんなにも変わってしまうんだなと今ならわかります。
なので、どんな日でも大切に過ごすこと、どんな人と接するときも誠心誠意接すること、この気持ちを忘れないようにしたいと改めて思いました。
素敵な縁をきちんと結んでいられる状態にするなら、今この瞬間相手を思いやることって凄く大切だから。

彼女とは今年はまだ会えてないけど、次会う時元気な姿で会えるよう、今出来ることをしながら自分らしく過ごしていきます。
f:id:HiroPiano:20210805113613j:plain
あの日買ったお守り、未だに返しに行けなくて、大事に飾っています。