ひろが語ると長くなる

本の感想書くために作ったはずのブログなのに割とながーく独り言呟いています。ストピや演奏の解説も当ブログで行ってます。

広告

小説

ハニー・ラテと女王の危機/クレオ・コイル著【感想】

今日ははちみつの日ということで、ぴったりな小説をご紹介♪ シリーズ19作目。 NYの架空のコーヒーショップ“ビレッジブレンド”のマネジャーであるクレア・コージーが事件に巻き込まれ、解決するお話。 2年ぶりの新作です。 年1回発売していたのでもう出ないか…

満月珈琲店の星詠み〜ライオンズゲートの軌跡〜/望月麻衣著、桜田千尋画【感想】

読み終えたのがブルズゲートが空いている期間(つまり先月上旬)でしたが、感想をあげるのが遅くなってしまい、ガチャガチャが発売されて、発売されてからも時間が経ってしまいました 今年のブルズゲート期間は個人的に大変なことが沢山ありましたが、この本…

今日のハチミツ、あしたの私/寺地はるな著【感想】

久々に小説の感想を書きます。 寺地はるなさんの『今日のハチミツ、あしたの私』を読みました。 ほっこり系の小説なのかと思いきや、主人公塚原碧は大きく環境も人間関係も変わる体験をしながら、人や養蜂などの仕事を通じて成長していきます。 〜☆〜☆〜☆〜☆…

『猫のお告げは樹の下で/青山美智子著』から見る自分を生きること

「木曜日はココアを」で有名な青山美智子さんの2作目です。 人生に悩む七人(+おまけの作品の一人)が神社でミクジという猫に出会い、タラヨウの葉のお告げをもらって変わっていく話です。 私は青山さんの作品は三作目でしたが、今までの作品で一番好きで、…