ひろが語ると長くなる

本の感想書くために作ったはずのブログなのに割とながーく独り言呟いています。ストピや演奏の解説も当ブログで行ってます。

広告

ブログ等紹介

※固定記事です
ひろと申します。
文章書いたりピアノ弾いたりしています。
当ブログ以外にも運営しているのでご紹介します。

↓もくじ↓

ピアノの樹(メインブログ/著作権侵害の申し立て検証ブログ)

hiro-stpiano.hatenablog.jp
YouTubeで動画を投稿すると、「著作権侵害の申し立て」という通知が出ることがあります。
少し調べてみると、本来であれば全額収益をあげられるはずなのに、
収益折半や収益化不可となっているケースも多いそう。
ストピで沢山の人としりあい、親切にしてもらった経験も多いので
音楽業界で頑張ろうとしている方の少しでもお役に立てればと思い始めました。
とはいえ音楽著作権の知識が皆無な中始めたので、ぼやいてばかりですけど。笑

ひろが語ると長くなる(雑記ブログ)

hirobook.hatenablog.jp
当ブログは雑記ブログです。
スタート当初は本の感想を載せるつもりでいましたが、いつの間にか雑記に。
ストピの話や演奏解説も当ブログで行っています。

ひろとカフェと(カフェ巡り記録、食べ物ブログ)

hirocafe.hateblo.jp
カフェ、コーヒー好きな私がお気に入りのお店や食べ物を紹介しているブログです。
個人のお店が多いかな。
なかなかカフェ巡りをしにくいため最近は更新頻度が落ちています。

YouTubeチャンネル

www.youtube.com
ストピや様々なピアノでの演奏動画をあげています。
シニア落ちなゆづファンピアノ弾きなので、羽生結弦選手使用曲多目。
クラシックやポップスもたまに弾きます。
ソロ演奏が多いですが、ストピ仲間等とセッションや連弾することもあります。

よろしくお願いします!

どのブログも比較的長文に感じられることが多いと思います。
貴重なお時間を割いて読んでいただき本当にありがとうございます。
お店や物を紹介するときは自分が好きな物を載せているので
そのお店や物の良さが伝われば幸いです。
これからも頑張って更新続けていきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

すべての山に登れ【ピアノソロサウンドオブミュージック】

「ピアノソロサウンドオブミュージック」の演奏解説、最後となる12曲目は「すべての山に登れ」です。
修道院長が歌うシーンも、トラップ一家がスイスへ向かう道中も、どちらもとても大切なシーンで、環境が変わることの後押しをしてくれる曲です。
CMなどで使われたことは恐らくないので作品を観たことない方には有名ではないと思いますが、
作品を観たことがある方、大好きな方にはかなり印象に残る曲の1つだと思います。

「すべての山に登れ」を弾いてみた【ピアノソロサウンドオブミュージック】

0:13から歌が始まります。
その後はコーダに行くまで繰り返しとなるのでいかにメロディを歌えるか、雄大な景色を想像させるかだと思います。
(私が言える台詞ではないかもしれませんが)
聴いたことのない方は、歌詞と和訳を見てからの方がイメージがつきやすいと思います。
でも派手に盛り上がる曲じゃないのに雄大さを想像させるのは本当に難しいのだけど。
音が多い、派手に盛り上がる曲はざっと聴いてもそういう印象になりやすいけど、
音が少ない、ゆったりさを感じさせる曲でそれができたら凄いことですよね。
映画が映像として残っているものなので、観ながら研究することも大事だと思います。
羽生選手の曲でも共通しますが、楽譜の中に必ずしも答えがなかったりするので、
譜読みするだけでは足りなかったりもするのです。

0:28と1:32のメロディがオクターブ高くなるところはキンキンさせないよう気を付けます。

12曲挑戦は今日でおしまい。
普段なら苦手と感じる曲は避けることや、実在の人物がモデルで歌や場面に色んな想いがこめられていることもあり、全曲弾くことでとても勉強になりました。
毎週お付き合い頂きありがとうございました。
引き続き自分が大切としている曲や好きな曲に挑戦していきます。

☆使用楽譜☆


さようなら、ごきげんよう【ピアノソロサウンドオブミュージック】

「ピアノソロサウンドオブミュージック」の演奏解説、11曲目は「さようなら、ごきげんよう」です。
トラップ一家の子供たちが、パーティに来ていたお客さんにおやすみの挨拶をする際に歌った歌です。
子供たちが兎に角可愛い。元気いっぱいの曲ではないけど、子供たちの愛らしさが詰まっています。
全員が見せ場があって良いよね。

「さようなら、ごきげんよう」を弾いてみた【ピアノソロサウンドオブミュージック】

寝る前の雰囲気を出したいので、全体を通してバタバタとしないよう、ゆったりとした雰囲気を出すように意識します。

0:10から歌が始まります。
0:22から出てくる「Cuckoo(日本語でいうとカッコーらしいです)」が可愛い。
0:25〜0:28の部分は左手が「Cuckoo」ですね。
0:52からはメロディがオクターブ高くなり、
0:58から少しずつゆっくりとなり、1:02でテンポをきっちりと落とします。
更に夢見心地に。

意外と八分音符のところが難しいですね。
パタパタしているシーンもあるけども、騒がしさは出したくないので
滑ったり、煩くなったりしないよう気を付けたいところです。

☆使用楽譜☆