ひろが語ると長くなる

本の感想書くために作ったはずのブログなのに割とながーく独り言呟いています。ストピや演奏の解説も当ブログで行ってます。

広告

ブログ等紹介

※固定記事です
ひろと申します。
文章書いたりピアノ弾いたりしています。
当ブログ以外にも運営しているのでご紹介します。

↓もくじ↓

ピアノの樹(メインブログ/著作権侵害の申し立て検証ブログ)

hiro-stpiano.hatenablog.jp
YouTubeで動画を投稿すると、「著作権侵害の申し立て」という通知が出ることがあります。
少し調べてみると、本来であれば全額収益をあげられるはずなのに、
収益折半や収益化不可となっているケースも多いそう。
ストピで沢山の人としりあい、親切にしてもらった経験も多いので
音楽業界で頑張ろうとしている方の少しでもお役に立てればと思い始めました。
とはいえ音楽著作権の知識が皆無な中始めたので、ぼやいてばかりですけど。笑

ひろが語ると長くなる(雑記ブログ)

hirobook.hatenablog.jp
当ブログは雑記ブログです。
スタート当初は本の感想を載せるつもりでいましたが、いつの間にか雑記に。
ストピの話や演奏解説も当ブログで行っています。

ひろとカフェと(カフェ巡り記録、食べ物ブログ)

hirocafe.hateblo.jp
カフェ、コーヒー好きな私がお気に入りのお店や食べ物を紹介しているブログです。
個人のお店が多いかな。
なかなかカフェ巡りをしにくいため最近は更新頻度が落ちています。

YouTubeチャンネル

www.youtube.com
ストピや様々なピアノでの演奏動画をあげています。
シニア落ちなゆづファンピアノ弾きなので、羽生結弦選手使用曲多目。
クラシックやポップスもたまに弾きます。
ソロ演奏が多いですが、ストピ仲間等とセッションや連弾することもあります。

よろしくお願いします!

どのブログも比較的長文に感じられることが多いと思います。
貴重なお時間を割いて読んでいただき本当にありがとうございます。
お店や物を紹介するときは自分が好きな物を載せているので
そのお店や物の良さが伝われば幸いです。
これからも頑張って更新続けていきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

スクリャービン「悲愴」【羽生結弦ピアノシリーズ】

今回羽生結弦選手が2011-12seasonにSPで使用したスクリャービンのエチュード8-12「悲愴」を弾きました。
ホプレガことHope & Legacyを滑るまで、一番好きなプログラムでした。
なのでずっと弾きたい曲でした。

使用楽譜はこれ。
www.at-elise.com
「ピアノソロ メロディオンアイス 2011-12 珠玉のフィギュアスケート名曲集」に収録されていたものだそうで、楽譜自体は随分前から存在していたことになります。
でも出会えたのが先月でした。
ようやく出会えるタイミングだったのかもしれません。

好きな曲だからゆづの今年の誕生日に出したい気持ちもありましたが、タイトルが「悲壮」ではなく「悲愴」だからお祝いごとにはちょっと違うかなぁと思って。
誕生日向けには別の曲練習します!

1:悲しい中にりりしさのあること。悲痛な気持を内にひめた勇ましさ。また、そのさま。(https://kotobank.jp/word/%E6%82%B2%E5%A3%AE-119927)

2: 悲しくいたましいこと。また、そのさま。悲傷。(https://kotobank.jp/word/%E6%82%B2%E6%84%B4-610315)


この楽譜に関して

主要部分を抜粋したアレンジになっています。嬰ニ短調(#6つ)の曲ですが、変ト短調(♭6つ)の調性で書かれています。(平均律のピアノで演奏する場合は同じ鍵盤で同じ音になります。)■出版社コメント:フィギュアスケートの羽生結弦選手(2011-12シーズン)のプログラム構成に基づいて編曲されています。(若干、内容は異なる箇所があります。あらかじめご了承ください。)

【楽譜】エチュード 作品8-12より / A.Scriabin(ピアノ・ソロ譜/上級)全音楽譜出版社 | 楽譜@ELISE

ということで、原曲より個人的に見やすく弾きやすいです。
(シャープが多い曲よりフラットが多い曲のほうが慣れているので。今習っているリストの「忘れられたワルツ」も結構混乱しますから。)
また、オクターブが迫力や強調したいところに留められていて、とても弾きやすくなっています。
左手も指使いを守るとサラサラっと行く感じ。
引用の通り少し異なるところもありますが、ゆづの悲愴を弾きたいのならこの楽譜は凄く良いと思いました。

以下、解説です。
今回は2012年のニース世界選手権の演技をイメージしながら弾きました。
なので若さからくる勢いも結構入れています。
あの頃は勢いのある若手でしたね。
勿論勢いのある若手というだけでなく、東日本大震災のあった年のシーズンということもあり、彼の苦悩や想いも沢山詰まっているプログラムだと思います。
ただ美しいだけではない、それこそ「悲愴」という重みも出しつつ、ゆづのひたむきさを表現できるよう意識しました。

今では王者経験のあるゆづはしっかりと円熟味もありながら挑戦し続ける迫力と凄みが演技に出つつも、サラッと難しいことをやってのける凄さがありますよね。
今でもいろんな苦悩があるでしょうが、ゆづらしく挑戦を続ける姿に私も勇気ややる気など沢山の物を貰っています。

ゆづのスタート時のポーズをしてみましたが、なんか違う。笑

0:07〜滑り出し。
音が少ないのとアルペジオずっとは指が弱い私には酷なので速くなってしまいました。
もっとゆったり壮大に弾けると雰囲気出ますね。
0:30〜左手は3つずつスラーなので、それを意識できるくらいゆったりと弾きます。
0:47〜はその前までと同じテンポで楽譜通りに弾くと間延びするので左手を速めて通り過ぎています。

0:51〜調性が変わり、雰囲気の変わるところです。
ゆづが柔らかい笑顔で滑っているところ。
1:00のゆづがニコッとするタイミングでカメラがピント調整して光ったのがシンクロしたみたいで面白かったです。
ゆづが柔らかい雰囲気で滑るのをイメージすると音も柔らかくなるので他の箇所に比べてゆづをしっかりイメージするところですね。

1:16から少しずつ緊張感が出て、1:29からまたフラット6つに戻ります。
ここ好き!少しずつ速くし、一旦減速。
もっとためてもよかったかな。

1:36から速めに駆け抜けていきます。
1:41に動画が固まりますが、元々の動画がこうなってしまいました。
今のスマホちょっと調子悪くなることあるんですよね。前の動画みたいに音が撮れなかったことはないけど。
左がやや五月蝿くなりました。
緊張感と間違えないように弾きつつ勢いも出すのは難しいのでもっとブラッシュアップします。
1:59からは音が減るけど迫力は出したいところ。
2:18からの上がってく部分はゆづ使用音源より短いですね。
もう1小節分上がりたいです。
2:21は楽譜では左右同時ですが、思わずずらして弾いちゃいました。

大好きな曲なのでブラッシュアップして、レパートリーに入れておきます。
11月12月もゆづの使用曲はあげたいと思っている(少なくとも12月は誕生日あるから絶対!)ので楽しみにお待ち下さい。
新SPも弾ける曲なら弾きたいなぁ。ピアノ難曲来たら泣くけど何れ弾くんだろうな。笑