ひろが語ると長くなる

本の感想書くために作ったはずのブログなのに割とながーく独り言呟いています。ストピや演奏の解説も当ブログで行ってます。

広告

清塚信也さん版「春よ、来い」【羽生結弦ピアノシリーズ】

広告

羽生結弦ピアノシリーズ、記念すべき第1回は、「春よ、来い」です。
思い入れありすぎて2000文字以上…!

※当記事では結弦くん呼びです。

↓もくじ↓

清塚信也さんのアレンジ版「春よ、来い」

松任谷由実さんの春よ来いを清塚さんがアレンジしたものです。

清塚信也 - 「春よ、来い」(Fantasy on Ice 2018使用曲)
PVもカッコいいですね。
他のアレンジ弾いたことありませんが、清塚さん版は春よ来いのアレンジの中ではかなり難易度高いと思います。

結弦くんが2018年のFaOI*1、2018-19seasonのEX*2、2019-20seasonのNHK杯のEXとして使用していました。

私が初めて現地で観たプログラム

ということで、とにもかくにも思い入れの強いプログラムです。

2019世界フィギュアのチケットがとれた!

今まで結弦くんのスケートを観たいとは思っていましたが、試合・ショー共にチケット争奪戦は凄いもの。
なかなかとれずにいました。

2019年の世界フィギュアはたまアリ*3での開催。
海外の有名選手も、結弦くんのスケートも一度に観るチャンス。
EX狙いで抽選も先着も頑張りましたが、ダメでした。
ですが何故か急に4次先着が発生し、そこで運良くチケットを手に入れられました。
狙っていたS席。

「あ、取れちゃった…」
アメ横ダンケを出て上野の松坂屋にいて座っていたのですが、人間驚きすぎるとリアクションとれないもんですね。笑

えっ、近っ!

S席とはいえ端の方の席だし遠いんでしょ?見切れ席の可能性もあるし、と期待せずに行ったら、これが結構近かった。
しかも見切れ席でもない。マジか。
こっち近づいてきたら肉眼で表情わかるじゃないか。
隣の席の人と盛り上がりました。

f:id:HiroPiano:20200420134410j:plain
因みに外でさいたまスーパーアリーナの公式キャラクターのたまーりんと会えたよ!
名刺ももらった。

私の背中を押してくれた

現地で観てから「私も結弦くんの観ている世界に行ってみたい」と思い、人前でピアノを弾いてみようと決め、昨年4月9日に都庁へ弾きに行くこととしました。
(正確なストピデビューは2018年の丸の内ピアノでしたが)
あれから人前で弾くことも楽しめるようになり、動画に残すようになってから上達が格段に早くなったと思います。

春よ来いを観ていなかったら…人生全然違ったと思います。
ストピには私の人生を大きく変えた出来事があったので。

演奏解説

参考動画はこちら。

以下時間表記はこの動画に関する時間となります。
コレド室町テラスの灯桜の下に期間限定で設置されていたストピで弾いたものです。
カメラマンがめっちゃセンス良く撮ってくれた…のに演奏が…寒くて指が動かなかったんです(;ω;)
清塚さんの演奏動画と一緒の記事に載せるのあれですが、清塚さんの演奏動画で解説するわけには行かないので…。

採譜者:ねい様

楽譜がないため、採譜した楽譜をねい様よりお譲り頂きました。
\ありがとうございましたー!/
https://twitter.com/nei3_f?s=09

モノクロの世界に色が入る

最初はモノクロで暗く静かな世界に結弦くんが現れるイメージです。
0:17から少しずつ色が入ります。
(なので少しためる)
といっても結弦くんだけに色が入っていくイメージなので、衣装のピンクが際立っていく感じかな。

優雅に舞う

しばらくは柔らかく優雅な結弦くんのスケートをイメージしながら弾いていきます。
柔らかい音を出すよう、速くなりすぎないよう気を付けています。

愛する人と優しい口づけで別れ

1:55から結弦くんの振り付けが変わります。
苦悩を浮かべる表情や仕草、あぁ、愛する人との別れが来てしまったのかなと想像してしまいます。
でも2:08でのハイドロブレーディングの辺りで氷に口づけをする辺りから吹っ切れようとしているのが伝わります。

妖精さん再び

2:17から。一番華やかなところですね。
集めた氷をふわっと放つあたりの楽しそうな空気も表現できるよう意識しています。

3連続黒鍵グリッサンド

2:52からです。
清塚さんも指の皮が剥けている写真をSNSにアップしていたと思います。

グリッサンドやったことなかったんですね。
グリッサンドって、下がるより上がる方が難しいです。
白鍵より黒鍵の方が鳴りにくい。
難易度は
黒鍵上がる>白鍵上がる>黒鍵下がる>白鍵下がる
ですね。

…一番難易度高いやつ( ꒪⌓꒪)
しかも3連続( ꒪⌓꒪)( ꒪⌓꒪)( ꒪⌓꒪)

最初は手の甲使ってみてたけど、手の甲が3分の1くらい青あざになるくらい痛くてもうどうしようもなかったです。
お陰様で今は痛くない場所やコツがわかったのでこわいものなし。
私は第2関節でやります。
力を少し抜くのがポイント(抜きすぎると黒鍵上がるのは音がでないので力まないくらいで)。

ほんとはもう少し余韻に浸りたい

最後の音、清塚さんの演奏だとかなりたっぷり時間とりますね。
ながーく弾きたいけどストピではそれが叶わない(時間がというのではなく、有り難いことに拍手が起きる)ので、あっさりと終わらせます。

どんどんブラッシュアップしたい

現地で観た分思い入れが強いため人前で弾くと空回りしちゃうし、他の曲と比べて高い完成度を目指しているためまだまだ納得のいく演奏まで程遠いです。
でもストピに行くようになるまでは絶対に弾けないと思っていた曲がこうしてレパートリーとなったのは凄く嬉しいですね。

どんどんブラッシュアップして、結弦くんのスケートの世界観を表現したいです。
曲に対しての感じ方や印象が変わったら加筆、修正していきます!